新着情報NEWS

お知らせ

2019.05.24

令和元年度 北海土木工業(株)・協力会合同安全大会開催

令和元年5月24日

 

本社近くの三吉神社にて、安全祈願祭を執り行いました。

 

 

 

 

つづいて、札幌市内「札幌ビューホテル大通公園」において、

令和元年度安全大会を開催しました。

 

 

当社役職員、協力会社役職員、約70名が参加し、

無災害継続1,000日を目指し危険ゼロの職場づくりを誓いました。

 

 

 

冒頭の挨拶で社長は、労働災害をなくすための方策について

「危険予知を行い、危機管理をもって行動すること」と指摘。

「危険予知訓練により、2つの要因を減らして労働災害をなくしていこう」

と呼びかけました。

 

 

 

 

 

 

協力会会長 大栄建設株式会社 里圭介 代表取締役  の挨拶では、

「一人ひとりが決意をもって、ゼロ災害の達成に向け

協力会社が一丸となってがんばっていきたい」

と安全活動の徹底を誓いました。

 

 

 

 

 

安全衛生委員長 一戸利雄専務取締役による安全活動の報告。

 

 

 

 

 

 

続いて、「災害から学ぶ危機管理」と題し、

札幌市防災協会 防災・危機管理専門官 細川雅彦氏による

安全講話が行われました。

 

 

 

 

令和元年度 安全表彰「協力会社の部」では

株式会社砂子組が、

同じく「作業所長の部」では

石塚司朗所長が選ばれ表彰されました。

 

 

 

 

 

 

株式会社砂子組 資源部課長 中野良紀氏による安全宣言。

 

 

 

 

 

 

 


 

令和元年度 安全衛生管理計画

 

*安全スローガン
「気を抜くな 毎日変わる 危険予知」

 

*安全衛生目標
① 災害ゼロから危険ゼロとする
② 交通事故をゼロとする
③ リスクアセスメントを確実に実施する

戻る
国土交通大臣許可 (特・般ー28)第2813号 (特・般ー28)第2813号